2007年11月10日

仕事における、好き、の力。

こんにちは、優也です。



今日は接待でした。

今、家に帰ってきたところです。


6000万以上売り上げてるお客様なんで、


カラオケ行くぞ! ⇒ ハイ!

終電!? ダメダメ、もう一時間延長っ! ⇒ ハイ!


ってなモンですよ(苦笑)
むしろこの時間に帰ってこられただけマシなくらい。




でも、

私は決してイヤなわけでもないんです。

飲みもカラオケも好きですしね(笑)


それに、こーいうのも、営業の一つの形態。

ですから、仕事なんです。



私の場合、

営業も、コンサルも、そしてこーいう「飲みニュケーション」も、

全部、仕事として、大好きなんですね。




「好きなことを、やる」



これが、重要なんですよ。

最もモチベーションが上がるパターンです。



もし好きじゃないんだったら、

好きになれば良いんです(笑)



このような、

「自分コントロール」、

出来たらすごく人生得しますよ。


楽しく、生きられるわけです。




ぜひ、あなたも

「徹底的に自分をコントロールし、

目の前に現れる全てのハードルを好きになるようにする」

これ、実践してみてください。




世界が、変わりますよ^^b






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆最後までお読み頂き、ありがとうございました。

本日の記事は如何でしたか?
よろしければコメントを頂ければ幸いです。

また、価値を感じて頂けたら応援してくださいねm(__)m
(↓をクリックして下さい)
Rankingbanner_03.gif
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
RSSリーダーへの登録はこちら^^b
RSS新着情報 RSS新着情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆運営メルマガ
『現役コンサルマネジャーが贈る「最強仕事術マガジン」 』
バックナンバーはこちらです^^b
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2007年11月07日

「時間を作り出す」コツ【その1】

こんにちは、優也です。



前回の「時間を作る」の、続報です^^b



目的:土日、もしくは平日夜に、もっと自分で自由に使える時間を増やす。

考えられる軸:
 …自由時間を増やす
 …仕事を減らす
 …必要時間の量を減らす
 …それぞれの時間内を効率化する

Howto:
1.家事(主に掃除、洗濯)の効率を高める
2.家事をアウトソースする
3.平日、仕事の効率を高めるか、仕事量そのものを減らして時間を作る
4.遊びの効率を高める
5.子供を早く寝かす(笑)
6.必要とする「自由な時間」そのものを減らす。


さて、今日は

「3.平日、仕事の効率を高めるか、仕事量そのものを減らして時間を作る」

に、チャレンジしてみました^^b



午前中にめっちゃ集中して、

今日、絶対やらなきゃいけない仕事を全部片づけてしまいました。


まぁ、たまたま今日は仕事量自体も少なかったんですけどね(笑)




で、午後はゆーーーーっくり、

出張で居ない上司の個室オフィスを借りて、

籠もって「今後の優也のインターネットビジネス戦略と実行施策」を

考えてました(笑)


もちろん、タダ考えてただけじゃなくて、

「到達のゴールイメージ」

「それを構成する要素とその作り方」

「そのために必要なTodoと、その実行計画」

まで、ちゃんと考えつつ、


さらにそのうちのいくつかを進めておきました^^b

毎日、こんな風に過ごせたら最高なんですけど、ね(笑)




ちなみに、今日やったことは、

■やるべきコトを、集中して全力で効率的に終わらせちゃう

以外にもう一つあって、

■必要なタスクごと、部下に任せてしまう


これをやったんですね。

とかく、課長クラスの中間管理職はプレイングマネジャー的に

自分で仕事をやりたがり、かつ周りもソレを望んでしまうものなんですが、


私は思いっきり自分から仕事を離しまくってます(笑)



ですが、その方が結果的には沢山の仕事をこなせるんですね。


私がどんなに頑張っても1.5人前くらいしか仕事できないですけど、

例えば0.5人前の仕事ずつ、4人以上に分散させれば、

会社としてはそれより多く仕事がこなせるわけですからね♪




この辺りの考えは、よく覚えておくことをお進めします。


自分で、やらない。


これも、一つの仕事のコツ、

「時間を作り出す」ためのコツなんですよ^^b




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆最後までお読み頂き、ありがとうございました。

本日の記事は如何でしたか?
よろしければコメントを頂ければ幸いです。

また、価値を感じて頂けたら応援してくださいねm(__)m
(↓をクリックして下さい)
Rankingbanner_03.gif
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
RSSリーダーへの登録はこちら^^b
RSS新着情報 RSS新着情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆運営メルマガ
『現役コンサルマネジャーが贈る「最強仕事術マガジン」 』
バックナンバーはこちらです^^b
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2007年11月04日

経営層のキモチ。

こんにちは、優也です。



今日は、休日出勤してきました(^^;;

社内のミーティングだったんですけどね。



それが、もー予定を大幅にオーバーする大荒れっぷり。

終了時間を、なんと6時間オーバーですからね…(苦笑



まぁ、経営コンサルタントなんてみんな論客だし、

自分の考えをきちんと持ってるヒトが多いから、

社内会議とか、ホントいつもモメるんですよね。




ただ、


「この会議は何を目的にしていて」

「どういう基本軸で議論しようとしていて」

「今は全体のどの部分を話していて」


そういった事がきちんと共有されていれば、

こんなにモメないハズなんですけどね。




意外と、

経営コンサルティングファームの内部運営、

紺屋、なんですよねぇ……(苦笑


がんばって、変えて行かなきゃ、ですよね。

そうしないと、自分も部下も楽しくないですから(^^;;




ま、上司はどっちでもいいんですけどね(ぇぇー

だって今の窮状の原因は、上司軍団の責任ですからね。


逆に、自分が上司になった時に、

今の私が思っていることと、同じ事を思われないように、

しないと行けませんよね^^b




とりとめなく話してしまいましたが、

要は、

上司になったときにいかに振る舞い、

どう会社を変えていくか、

そういうことに、少し光明が差した、


そんな、一日でした、ってコトです^^b






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆最後までお読み頂き、ありがとうございました。

本日の記事は如何でしたか?
よろしければコメントを頂ければ幸いです。

また、価値を感じて頂けたら応援してくださいねm(__)m
(↓をクリックして下さい)
Rankingbanner_03.gif
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
RSSリーダーへの登録はこちら^^b
RSS新着情報 RSS新着情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆運営メルマガ
『現役コンサルマネジャーが贈る「最強仕事術マガジン」 』
バックナンバーはこちらです^^b
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2007年10月24日

どんなに忙しくても、【人生プライオリティ】は守りきる。

こんにちは、優也です。



今日も今日とてタクシーでした(^^;;

次年度のアカウントプランの作成と、
Webページの作成などの部門ワーク、
本年度の部下の評価の実施。

そしていくつかの営業案件の推進、
さらに自分が管理しているプロジェクトの推進、
その上自分がアドバイザーとして参画しているプロジェクトの
ミーティングへの出席。


それに加えて副業の推進、と(笑)


笑うしかない忙しさです(つд⊂)

…いや、これじゃ泣いてるし。


やることはやらなきゃいけない、とはいえ、
私の【人生プライオリティ】は


一番は家族、

二番は自分の体、

三番以降に仕事(本業、副業の順)


なわけですから…


そこをはき違えて、家族をないがしろにしたり、

倒れたり、病気になったり、


そういうことのないように、していきたいと思います。




…【人生プライオリティ】、やっぱ重要ですね(笑)





P.S.
【人生プライオリティ】≒価値観について詳しく知りたい方は
こちらをお読み下さいね^^b↓



◇「フランクリン・マスターへの道」 by 山本 亮成
 ⇒ http://business-tech.jp/site/url/FM.html

◇『「フランクリンマスターへの道」 完全ナビゲーション』 by 鈴木 優也
 ⇒ http://business-tech.jp/site/url/FM_PN.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆最後までお読み頂き、ありがとうございました。

本日の記事は如何でしたか?
よろしければコメントを頂ければ幸いです。

また、価値を感じて頂けたら応援してくださいねm(__)m
(↓をクリックして下さい)
Rankingbanner_03.gif
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
RSSリーダーへの登録はこちら^^b
RSS新着情報 RSS新着情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆運営メルマガ
『現役コンサルマネジャーが贈る「最強仕事術マガジン」 』
バックナンバーはこちらです^^b
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2007年10月14日

鈴木優也、昇進する…かも?

こんにちは、優也です。



昨日、仕事が終わってから上司と飲みに行ったんですよね。


その席で、次の評価時期での昇進の話になりまして。
もしかしたら、1ランク上に上がれるかもしれません^^b

ここ1年の私の売上実績、
そして先日行われたCS調査での好評価、
それから営業現場やコンサルティングサービス現場でのパフォーマンス
(特に交渉術やプレゼン力)。

この辺りが、評価されているポイントのようです^^b
ホント、嬉しいことですね♪



で、次のランクはウチの会社では、シニアマネジャーって言うんですけどね。
フツウの会社で言えばまぁ部長職くらいかな。

といっても実際は固定の部下もいないし
(なので育成責任も無し)、
部門としての収益責任も担ってないので、

一般的な企業の部長職の方が断然大変です。


とはいえ、昇進は昇進。

給料も20%くらい増えますし、
仕事としてもよりマネジメント&営業の方へシフトすることになります。

社内の部門運営まわりの業務にはさして興味はないですけど、
営業をもっと極めたい、とくにリード取得部分において、
っていう欲求はかなり強いので、

非常に楽しみなんですよね♪

あなたにお伝えする「最強の法人営業術」も、よりバージョンアップする
かもしれません^^b


ちなみにその一方で、今よりもっと忙しくなりそうな気配です。

やっぱり、前回もお伝えした「期待値調整」、そして「時間管理」を
もっともっと極めないといけませんね(^^;;

(これらのテクニックの詳細を知りたい方は以下をどうぞ^^b)

◇最低限の時間と労力で”良い仕事”が出来る、
『脅威の期待値調整テクニック』
 ⇒ http://business-tech.jp/site/url/kitaichi.html

◇「フランクリン・マスターへの道」
 ⇒ http://business-tech.jp/site/url/FM.html

◇『「フランクリンマスターへの道」 完全ナビゲーション』
 ⇒ http://business-tech.jp/site/url/FM_PN.html






…ま、それもこれも昇進が確定すれば、なんですけどね(笑)


答えは年末くらいまでには分かる予定なんで、

また確定したらご報告しますね。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆最後までお読み頂き、ありがとうございました。

本日の記事は如何でしたか?
よろしければコメントを頂ければ幸いです。

また、価値を感じて頂けたら応援してくださいねm(__)m
(↓をクリックして下さい)
Rankingbanner_03.gif
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
RSSリーダーへの登録はこちら^^b
RSS新着情報 RSS新着情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆運営メルマガ
『現役コンサルマネジャーが贈る「最強仕事術マガジン」 』
バックナンバーはこちらです^^b
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2007年10月12日

「中間管理職の辛さ」を軽減するためには。

こんにちは、優也です。





今日はいつになくヤバいです。


只今の時点で既に2:30!

しかも@会社!(泣笑



ホント最近、「課長」してるなぁ、と思う今日この頃です。

ライン管理って、やっぱり大変なんですね。



世の課長、部長、中間管理職のみなさんは、

みんなえらいっ!



部下の教育をし、

部下の私生活の面倒を見て、

自分のメイン仕事をこなし、

上司からの要求をこなし、

お客様からの要求に対応し、

バックオフィス系の管理業務もこなす、と。




しかも当たり前の様に負荷を考慮せずに

上司やお客様から仕事振られちゃう、と。



や、ホント期待値調整、必要です(笑)

「期待値調整」を使うと、極端な話常に上司やお客様の期待に答え、
深い満足を与えられるようになるんですよ^^b

◇最低限の時間と労力で”良い仕事”が出来る、
『脅威の期待値調整テクニック』
 ⇒ http://business-tech.jp/site/url/kitaichi_org.html



それと、時間管理。

◇「フランクリン・マスターへの道」 by 山本 亮成
 ⇒ http://business-tech.jp/site/url/FM.html

◇『「フランクリンマスターへの道」 完全ナビゲーション』 by 鈴木 優也
 ⇒ http://business-tech.jp/site/url/FM_PN.html



この2つ、ホント中間管理職の必須スキルだと思います。

「オレ、忙殺されているなぁ…」と思うかたは、ぜひご覧下さいね。



…まぁ、私の場合、これらの超テクニックを駆使しても、

まだ終わらないくらいの仕事を任されちゃってんですけどねorz




……マジ、泣けます(TT☆




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆最後までお読み頂き、ありがとうございました。

本日の記事は如何でしたか?
よろしければコメントを頂ければ幸いです。

また、価値を感じて頂けたら応援してくださいねm(__)m
(↓をクリックして下さい)
Rankingbanner_03.gif
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
RSSリーダーへの登録はこちら^^b
RSS新着情報 RSS新着情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆運営メルマガ
『現役コンサルマネジャーが贈る「最強仕事術マガジン」 』
バックナンバーはこちらです^^b
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2007年10月11日

私の活力の源=「ドリームリスト」。

こんにちは、優也です。




いきなりですが、あなたには「夢」がありますか?

…って、いきなり重めの質問ですみません(ぉ




いや、小さい夢から大きい夢まで、大抵の人は色々な

「夢=やりたいこと、欲しいもの」を持っていますよね。

でも、これまた大抵の人は、それを「漠然としか」認識していません。



実際、人の記憶ってほんとーにいい加減なものなんで、

ふと浮かんだ「やりたいこと、欲しいもの」なんて、

アワの様に消えてっちゃいますよね。


だから私は最近、「ふと浮かんだやりたいこと、欲しいもの」を

メモに取っておいてるんですよね。



いわゆる、

【ドリームリスト】

ってやつです。



でもホント、、これ良いんですよね。



小さいモノだと

「携帯の充電器を手に入れる」
「新しい折り畳み傘を手に入れる」
「新しいネクタイを手に入れる」

みたいなカンジ、

大きいモノだと、

「フェラーリを所有する」
「世界一周旅行をする」
「宇宙へ行く」

なんてのまであったりします(笑)



ちなみに代表的な使い方は以下の三つ。


・「漠然とした夢の集合」をゴールとして、
 日、週、月…の目標設定や計画立案の際の参考にする

・たまに眺めて、それが手に入ったときのことを想像して
 モチベーションを高める

・達成できたらチェック入れて悦に浸る(笑)



これが結構良いんですよねー。

具体的なゴールがあったほうが目標設定もしやすいですし、

計画も具体的で行動的なものになりやすいです。


マジモチベーション高まりますし、達成マークが増えてくると、

なんかすっごい嬉しいんです^^





ちなみにこれ、

一気に作ろうとすると大抵失敗します。

最初は多くても3〜50コくらいしかあがらないと思いますよ。


「毎日ちょっとずつ、思い付いたことを書き足していく」と、

結構ラクに作れます^^b



私のリストも、今や170コを越えましたからね♪

初めてから3ヶ月くらいしか経っていませんけど、ね。






あなたも「ドリームリスト」を作って、運用してみませんか?

もしかしたら人生、変わるかもしれませんよ^^b




P.S.
ドリームリストの作り方は、

このレポートの5ページにもっと詳しく載っています。

http://business-tech.jp/site/url/FM.html


興味を持った方は、参考までに読んでみると良いと思いますよ^^b







──────────────────────────────
      ◇◆◇  お薦め副業関連情報  ◇◆◇
──────────────────────────────



1.ブログ/HPなどで、商品を販売したい

2.ブログ/HPなどから、メルアドを集めたい



あなたは、こうした望みを持っていますか?



忙しいサラリーマンにとって、

やっぱり「ブログ/HPを用いたネットビジネス」って、魅力的なんですよね。


なぜって、一度

「きちんとした仕掛けが施された良いブログ/HP」

を構築すれば、ある程度少ない労力で

商品を販売するなり、

メルアドを集めてメルマガを発行するなりして、



収益をあげていくことができるからです。



「だから、その『きちんとした仕掛け』を作るのが、難しいんだよ!」


という声が聞こえてきそうですが…


以下に、その「きちんとした仕掛け」を作るための、

耳よりな情報を、お伝えします^^b


⇒ http://business-tech.jp/site/url/baricli.html


「バリバリクリックされる方法」

ぜひ、一度見てみてくださいね。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆最後までお読み頂き、ありがとうございました。

本日の記事は如何でしたか?
よろしければコメントを頂ければ幸いです。

また、価値を感じて頂けたら応援してくださいねm(__)m
(↓をクリックして下さい)
Rankingbanner_03.gif
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
RSSリーダーへの登録はこちら^^b
RSS新着情報 RSS新着情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆運営メルマガ
『現役コンサルマネジャーが贈る「最強仕事術マガジン」 』
バックナンバーはこちらです^^b
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2007年09月25日

休みに向けた教訓。

こんにちは、優也です。



今日は休み明け一日目ということで、
めったやたらと忙しい一日でした(大汗

進捗確認やそれに基づく今後の作業の方向性の決定、
休み前から持ち越したり、休み中に溜まったり発生した管理系業務の処理、

それに加えて、休み前から入れていたお客様訪問が二件、と…


や、自業自得とはいえ、一日で捌ける量じゃないんですよね(TT)

正直、この一週間は間違いなく忙しくなると思われます。
溜まった仕事を片づけながら、なおかつ発生する仕事も処理して
いかなくちゃならないわけですから(TT)



ホント、今回はかなり忙しい中で休みを取ったので、
色んな教訓を得ることができてしまいました。

で、私が得た、「休みに向けた教訓」は、以下の通り。

一つ:どんなに時間が空いてそうに見えても、お客様への訪問予定は入れない。
一つ:全ての仕事の進捗確認を、休み明け一日目に行い、
    発生したタスクの処理予定日を決める。
一つ:可能な限り、休み明けに仕事は持ち越さない
   (それでなくても、休み中に仕事は発生する)。



もし宜しければ、あなたも参考にしてみてくださいね(苦笑





──────────────────────────────
      ◇◆◇  お薦め副業関連情報  ◇◆◇
──────────────────────────────


「時間が無いサラリーマン、しかも初心者でもできるアドセンス活用法」

初回限定300名だけが、30日間無料お試しで
手に入れることができるキャンペーン実施中みたいです。


⇒ http://business-tech.jp/site/url/AAP.html


・まったくの初心者の立場でスタート
 ⇒ブログ0、サイト0、リンク0、検索インデックス0等ALL0でスタート
・一日2時間以内の作業
・一週間のうち平日のみの作業(5日/1週間)
・再現性のある方法を追求


この条件下でも、月に【15000円/1サイト】の実績、という優良情報。


初心者で忙しくて時間が無いサラリーマンに、
ぴったりの内容だと思いますよ^^b

⇒ http://business-tech.jp/site/url/AAP.html




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆最後までお読み頂き、ありがとうございました。

本日の記事は如何でしたか?
よろしければコメントを頂ければ幸いです。

また、価値を感じて頂けたら応援してくださいねm(__)m
(↓をクリックして下さい)
Rankingbanner_03.gif
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
RSSリーダーへの登録はこちら^^b
RSS新着情報 RSS新着情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆運営メルマガ
『現役コンサルマネジャーが贈る「最強仕事術マガジン」 』
バックナンバーはこちらです^^b
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2007年03月14日

お客様をマネジメントするという発想。

こんにちは、優也です^^


今度のプロジェクトはなかなか手強いプロジェクトです。

といっても、別に


・問題の所在がどこにあるか分からない。

・原因が複雑に絡まり合っており、真の原因が見えない。

・解決策の道筋が見えない/思い付かない

・解決策の実行上、大きな障害がある


など、「コンサルティングの内容そのもの」が難しいわけでは無いんです。




ずばり、今回のプロジェクトはお客様が手強いんですよね。

さらに、二重の意味で。

まず、↓がそもそもきっついんですが…


(1)カウンターパートの方の要求水準が高い(質的/スピード的)

⇒「このくらいまでにこれこれこういうモノを作ってきて」と言われるわけですが、その内容/期限がキツい。

これ以上に、↓がプロジェクト全体の進行をディレイさせまくってます。


(2)現場担当者からデータが出てこない

⇒こちらの要求期限までにデータが出てこない。そもそも、こちらの要求期限は(1)のカウンターパートの方の期限設定から設定されてるんですけどね…(^^;;


こうなると、お客様側のボスが設定した期限


で、こういうときは「お客様をマネジメントするという発想」で相手と接することが必要不可欠なんですよね。



まず、(1)に対しては、一所懸命「期待値を調整する」んです。

要は、相手が満足するギリギリ品質/期限でしかアウトプットできませんよ、って節目節目でネゴっちゃうわけです。

これで、プロジェクト全体のリスク(およびこちらの仕事量)を押さえつけます。


次に、(2)に対しては、


・期限付きの要求をするときには、必ずすぐにリターンの目安を伝えてもらう
(「20日までにお願いします、何日頃までに送れますか?」といった具合)。

・現場担当者とのやりとりには、必ずお客様のボスをccで入れておく
(例えば、先方の現場担当者のデータ送付が遅くて中間アウトプットが出せなかったとしても、それを中間発表会の場で言ったらいろんな意味でお仕舞いです)。

・彼らのリターンが無くてもこちらで出来ることをやっておく
(データ無しでも概ね想像がつくところは、データを空欄にしてチャートを作ってしまう)


などなど、出来うる限りお客様を上手く動かして、かつリスクマネジメントを徹底します。



…すっごい疲れるんですけどね、これ(笑)

お陰で、なんとか火を吹かずには済んでますよ。



コンサルタントをやっていれば、こういうお客様に出会っちゃうことはよくあることです。

そういう時、向こうに主導権を握られっぱなしだと体がいくつあっても足りません。

めちゃ忙しくなって、体調を崩して、しかもプロジェクトアウトプットに対する評価は最悪、とかなったら目も当てられませんからね(^^;;





…あ、この発想、決して「おこがましく」は無いんですよ?

むしろ、お客様を本気で大事にしているからこそ、出てくる発想なんです。



だって考えてみてください。


「お客様に唯々諾々と従った所為で、仕事が溜まりまくり」

  ⇒「処理しきれなくなって一つ一つの仕事の品質が下がる」

  ⇒「もしくは、過度の仕事により体をこわす」

     ⇒結果として、プロジェクト全体のアウトプットのクオリティが下がる


どうでしょう? こんな風になってしまっては、お客様にも多大な迷惑がかかってしまうわけです。





みなさんも、みなさんのお客様や上司など、「言うことを聞く」ことが基本の相手でも、ぜひ

「相手を上手くマネジメントする」

という発想を忘れないようにしてくださいね。出来る限りさりげなく、水面下でやるのがコツです(笑)




最初は上手くいかないかもしれませんが、この意識をもっていれば少なくとも過労死したり、評価がめちゃめちゃになったりすることは避けられますから、ね^^b





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆最後までお読み頂き、ありがとうございました。

本日の記事は如何でしたか?
よろしければコメントを頂ければ幸いです。

また、価値を感じて頂けたら応援してくださいねm(__)m
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
RSSリーダーへの登録はこちら^^b
RSS新着情報 RSS新着情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆運営メルマガ
『現役コンサルマネジャーが贈る「最強仕事術マガジン」 』
http://www.mag2.com/m/0000227373.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2007年03月08日

組織体のモチベーションUP。

こんにちは、優也です^^



今の私が手がけているプロジェクトは、とある会社の来年度事業計画の策定のお手伝いをするプロジェクトです。


「今こんな状況」

  ⇒「だからこういう課題がある」

    ⇒「こんな目標に向かって、こんな施策を(こんなタイムラインで)実行していこう」


ごくごく簡単に言うと、こんな流れで計画を立てていこうとしています。


そこで一つ、お客様からのリクエストと、私の考えが食い違っているところがあるんですよね。


私とお客様の相違点は、


「組織体をどうモチベートしていくか」


という方法についての考え方なんです。



組織体のモチベーション向上に関する方法(=組織体をドライブしていく方法)は、基本的には以下の三つしかない、と私は考えています。



1.危機感ドライブ
⇒今周囲の状況はこんなに厳しい、今我々の中はこんなに問題が山積み、だからやらなきゃ!という風に組織を動かすやり方。この方法を徹底しまくっているのがトヨタさんですね。


2.夢ドライブ(=最終利益ドライブ)
⇒我々がこれから向かう先にはこんなに素晴らしい未来が待っている、我々の努力はこんな風に結実する、だからやろう!という風に組織を動かすやり方。この方法の代表格はソニーやホンダでしょうね。


3.中間利益ドライブ
⇒高い給料やボーナス、ストックオプション、成績に応じたインセンティブなどを用いてモチベーションを高める方法。どちらかというと「個人のモチベーションを高める方法」なんですが、外資系なんかは「高いモチベーションを保った個人が作るチーム」として組織体を見ている気がします。



もちろん、これらは排他的なものではなく、組み合わせることも可能ですよね。


で、今度のお客様は「1.危機感ドライブ」で行きたいとおっしゃってるんですが…

私、あんまり好きじゃないんですよね(笑)


危機感ドライブで動く組織体に属する人間って、常に緊張感と切迫感をもって仕事をすることになるじゃないですか。

そんなギリギリの精神状態で働くより、もっとおおらかで、もっと前向きな気持ちで仕事をしたほうが、良い仕事ができると思いますし、なによりその方が楽しく、幸せですよね^^




まぁ、これは組織長のスタイルや方針に関する話であり、クライアントの部門の組織長は彼であって私ではないので、

基本的には彼の考えに合わせたアウトプットを用意しようとは考えていますけどね。



ちなみにこの方法の選択は、その組織体の文化や所属する要因の属性にも合わせた方がいいです。


「危機感の方がモチベートしやすい」のか、

「夢の方がモチベートしやすい」のか、

「直近で貰えるお金の方がモチベートしやすい」のか、


よく見極めるべきだ、ということですね^^b


そういう意味では、今のお客様の組織は「夢」より「危機感」の方が合っているかもしれません。

「夢ドライブ」は、常にだらけちゃう可能性と戦わないといけないから、それはそれで大変なんですよね(苦笑



さて、あなたの組織は今、「どんな方法」でドライブしていますか? そして、「本来のあなたの組織の属性」と「
その方法」は合っていると思われますか?

もし宜しければ、お聞かせ頂ければ嬉しいです^^



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆最後までお読み頂き、ありがとうございました。

本日の記事は如何でしたか?
よろしければコメントを頂ければ幸いです。

また、価値を感じて頂けたら応援してくださいねm(__)m
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆運営メルマガ
『現役コンサルマネジャーが贈る「最強仕事術マガジン」 』
http://www.mag2.com/m/0000227373.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2007年03月02日

プロジェクトの始め方。

こんにちは、優也です^^



今日から、先日取れた案件がスタートしました。

プロジェクト期間スタート、ですね。


といっても、今日はお客様と


「これからこんな目的で、こんな手順で、こんなアウトプットを出すために協力して作業してきましょう」


と意識あわせをするキックオフミーティングの日だったので、その準備資料に関しては、一昨日から作り始めてたんですけどね^^b


この、キックオフミーティング、プロジェクトマネジメントの観点からはすっごい大事なんですよね

ここできっちり作業内容やアウトプットに合意を取っておくことで、後々プロジェクト負荷がふくれあがるのを未然に防げるから、なんです。


あ、今日の出来は上々でしたよ♪ 今回のプロジェクト、ちょっと忙しいかもしれませんが、上手くいきそうです。




ちなみに、今回のプロジェクトは、私は大体自分の持ち時間のうち、半分くらいを使って関わっていくことになりそうです(50%アサイン、とかって言います)。

これはなぜかというと、

「マネジャーは一つの案件だけ回してればいいってもんじゃない」

からなんですね。ってか、これははっきりそう言われてるわけでもないんですが、実際の所は一年の間にプロジェクトが無い期間とかもあるんで、一度に2つくらいは回さないと、年間売上&現場マネジメント責任が果たせないんですよね^^;;


それと関連して、今私が営業かけている案件は他にもいくつかあって…

そっちも、現場に関わらないといけなさそうなんです(まだ取れるかどうかわかりませんけどね)。


そうすると、一つの案件に100%時間使っていられないんですよね。

だから、今回は50%アサイン


それでも、現場で何か問題が起これば全て私(と、最終責任者のボス)の責任になるわけですから…

マネジャー、やっぱり大変です--;;




あ、でも、良いこともあるんですよ?


「あ、俺今回50%アサインだから。」といって、部下をメインとして彼に仕事を回すことができる


ってことです(ぇぇー



…い、いやいや、これサボってるわけじゃないんですからね?


・部下にやらせても、お客様の満足を引き出すことができる(部下がそれだけの実力を持っている)

・部下に主体的にやらせることで、彼の成長を促す


というきちんとした目的があるんです。しかも、


「何か問題が起きたら(作業の遅延など)、必ずマネジャーの私が当該作業を引き取り、きちんと仕事を終わらせる」


という覚悟も完了していますしね。これは、現場責任者としてのマネジャーの義務ってやつです。


実際、このような仕事のさせかたをすることは、これが初めてじゃないですけど、結構「引き取り」、やってます(汗

まぁ…そういう意味では、メリハリはつくけど全体の仕事量としては、少し減るくらいですかね。



ともあれ、今日からプロジェクト期間が始まっちゃったので…


ちょっとまた忙しくなって、ネット活動が停滞気味になるかもしれません(大汗


ブログは必ず毎日、他のことも時間を見つけて少しずつ、進めて行くつもりですけどね^^






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆最後までお読み頂き、ありがとうございました。


本日の記事は如何でしたか?

よろしければコメントを頂ければ幸いです。


また、価値を感じて頂けたら応援してくださいねm(__)m
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2007年02月22日

マネジャー=補助輪。

こんにちは、優也です^^



昨日の評価関連の話題の続報です(といっても、みなさん待っていないでしょうけど(笑))


先ほど、彼の評価結果落とし込みのミーティングを実施してきました。


結果として、結構辛い評価になりましたので途中軽く凹んではいましたが、彼の自己評価以上に下げたわけでもないですし、概ねすんなりミーティングは終了。


今後の成長に向けた自らの課題についても、他人(私ですね)から言われることでよりシャープになったようで、最後は結構晴れ晴れとした顔をしていましたよ^^


鈴木さんと組めて良かったです、また組みたいです、と言ってくれたのが印象的でした^^


これ、結構嬉しいですよね(笑) プロフにも書いていますけど、私は「誰かの一方的な犠牲の下に成り立つ幸せ」が大嫌いな人間なので。


もちろん、誰にも迷惑をかけないで生きていくのなんて絶対的にムリなんですけど、それでもなるべく迷惑をかけないとか、相手に望んで迷惑をうけてもらう、とかは重要ですよね。


閑話休題。


これから先、彼は私とは違うマネジャーと組むことになるわけで、色々苦労することもあるでしょう。


自分で言うのもなんですが、私はかなり甘い人なんで(笑) 


-評価も甘め

-クオリティについても(最終的には自分で直せばいいので)結構甘め

-アウトプットさえ出せば時間管理についてもほぼ適当でOK

-自己育成に対しては惜しみなく手を貸す

-体力的精神力的にキツい仕事は最初から振らない

-ガイドを示して指示を出す

-一方で、ケースによっては相手が答えを自ら導くまでゆっくり待つ


などなど。


これ、一般的なファームのマネジャーの間逆と言っても良いです(笑)


「明日の午前中までにこれやっといて。」


とか前日の10時に指示出すとかザラですよ(苦笑


まぁ、丁寧にマネジメントすることで逆に弱くなっちゃう、というところは無いワケじゃないんですが、私としては


「私という補助輪を着けている間に、自分一人で走れるようになって貰う」


という風にいつも思って上記のようなマネジメントを行っていまし、そういうことだから早く一人で走れるようになってね、と常々言っています^^b



果たして彼は一人で走れるようになったか??



それは、次のプロジェクトが終わってみれば分かることでしょう。


とはいえ彼の仕事はこれからもずっと続いていくわけで…


次が無理だったとしても、きっと、近い内に一人で走れるようになれる、と確信していますけどね^^



ところで前にもした質問ですけど、貴方は部下に対してどういう風に接していますか? もし宜しければ後学のためにコメント頂ければ嬉しいです^^




>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
本日の記事は如何でした? よろしければコメントを頂ければ幸いです。

また、価値を感じてくれたら応援してくださいねm(__)m
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

2007年02月05日

課長に優しく。

こんにちは、優也です。



今日は休日なのでちょっとまったりした話題を。


数年前にコンサルティングファームのマネジャーになって、それまでと違った世界が見えてくるようになりました。

前職の頃はもちろん、ファームでもスタッフだった頃には考えもしなかった仕事の仕方、ものの見方、周囲との接し方が、「管理職」になると必要になるもんなんですね。

ファームのマネジャーというのは一般企業では大体「課長」にあたるんですよね。要は「管理職」のスタートの役職にあたります。


いわゆる「中間管理職」ですね(笑)


「中間管理職が社内で最も大変だ」

とか、

「中間管理職の悲哀」

とか、

「部下と上司の板挟み」

とか、

良く言われるじゃないですか? あれってホント当たってるんだなぁ、と最近とみに実感してます(苦笑)


このブログをお読みの方が管理職の方なのか、スタッフ層の方なのかはわかりませんが、スタッフ層の方に向けて一言言いたいことがあります。


課長は大事にしてあげてください(ぇー


…いえ、課長職ってホント色々大変なんです。会社/部門の運営、課の運営計画立案/推進管理、同・業務推進そのもの、上司への報告、部下の評価・育成、部下の精神面/技術面でのケア、etc.etc.…

それに加えて自己研鑽や、営業活動にも励まないといけないですしね(ファームのマネジャーは営業マンを兼ねています。スタッフ層はちょこちょこ手伝うだけ)。


「部下」だったころは、基本的に「与えられた仕事をきっちりこなす」ことが出来れば良かったんですが、「上司」になるとそうはいかないわけです。


まだ「部下」だった当時、「コンサルティングサービス」そのものに対してバリューを余り出せていなかったり、部下に対する指示出しや推進管理がいい加減なマネジャーを、思いっ切り軽蔑していたんですが…


実際自分がマネジャーになってみると、そればっかりやってればいいってわけじゃないことを思い知らされました。


もちろん、本来のコンサルティングサービス業務をおろそかにして、管理業務もあったもんじゃないわけですが…私がもうちょっと視野が広かったら、もうちょっと別の接し方があった気がしてます。

そうしていたら、もっと当時の上司と良い関係で仕事ができていたでしょうし、コンサルティングサービスのアウトプットも良いものになっていただろうな、と思うんですよね。



ぇー……優也が何を言いたいのか見えなくなってきていますか?

別にいつも部下に冷たく接せられているからここでグチっているわけでは決してないんですよ(笑)


つまり、こういうことなんです。


「自分よりワンランク上、ツーランク上の視点を持つことは非常に重要だ」


とはいえ実際、スタッフ層が課長以上の視点を完全に持つ、なんて無理なんですけどね。

ただ、想像することはできます。


「課長は何を考えてこういう風に指示を出したんだろう」というように、思いを馳せてみましょう。


そうすることで、間違いなくより良い関係の中で、より良い仕事ができるようになります。



まぁ、これは上司⇔部下の関係に限ったことではないですけどね(笑) 相手の立場で物を考える…人間関係の基本の一つですけど、中々実践できないもののうちの一つだと思います。



優也はそういうのをここ数年、そういうことを凄く重要視するようにしていますよ。



皆さんは「相手の立場」や「相手の考え」を頭の片隅において、上司や、周囲の人と接していますか?



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
本日の記事は如何でした? よろしければコメントを頂ければ幸いです。

また、価値を感じてくれたら応援してくださいねm(__)m
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

2007年01月31日

「マネジメント」のキーポイント。

こんにちは、優也です^^


いよいよ今手がけているプロジェクトの最終報告が明日に迫ってきました。

問題となっていたデータの分析についても一定の目処が付き、どうやら明日の報告会はなんとか乗り切れそうです^^


今のプロジェクトチームは既に足かけ2プロジェクト、期間にして5ヶ月間一緒に過ごしてきたわけですが、色んな意味で私にとっては勉強になる期間でした。

特に、「マネジメントとは」というものを深く考えさせられるプロジェクトだったと感じています。改革の施策として「マネジメント改革」を強く打ち出しているから、ということもありますが、それと絡んで私や社内のマネジメントというものの問題点というものがずいぶん浮き彫りになったのかな、と思っています。


そのうち、昨日お話した内容は「マネジメントのレイヤーをどこまで引き下げるべきなのか」というマクロ/マイクロマネジメントについてお話したわけですが、今日はマネジメントの中でも部下とどのように接するべきか、単純に言うと「部下にどうやって気持ちよく仕事をしてもらうか」ということについて書きたいと思います。

実は、私はこの点を非常に重視しているんですよね。


で、キーポイントは一点。

「マネジメント対象が、マネジメントされたいように、マネジメントする」

です。


え? 禅問答的でよく分からないですか?(笑)


では、これから分かり易く説明します。

皆さんは昔、幼稚園や小学校の頃、


「自分がやられて嫌なことは人にはしてはいけません。自分がしてもらって嬉しいことを人にしなさい」


と教わりませんでしたか? ここに、解に到達するカギが隠されています。

この教えには、子供の世界ならではの以下の前提が含まれているのです。

「自分が望むこと=相手が望むこと」


子供の頃は大人ほど欲求が多様化していません。だから、この公式が成り立つわけです。

すなわち、この教えはこう読み替えることができます。


「相手がやられて嫌なことは人にはしてはいけません。相手がしてもらって嬉しいことを人にしなさい」


そして、むしろこの教えが真の人付き合いのポイントを表しているわけです。


ところが、私たち大人、それにサラリーマンが生きている世界は欲求が多様化していますので、「自分が望むこと≠相手が望むこと」である場合が多いのです。


100人の人が居たら、望みは100通りある。


直感的に分かって頂けますか? それなのに、人は「自分が望むこと」を「相手も望むだろう」と思ってしまうのです。不思議なものですね。幼稚園の頃の教えがそのまま組み込まれて居るんでしょうか?


ともあれその結果、人が望まないように人に接してしまう、つまり「上司/同僚/部下が望まないように上司/同僚/部下に接してしまう」上司のなんと多いことか。



「もっと信頼して仕事を任せて欲しいのにどうして内の上司はいちいちいちいち口を出してくるんだろう?」

「会社の人達と深く関わるのなんてめんどくさい。会社だけの付き合いでいいのに、今日も飲みに誘われちゃったよ」

「『あ、その資料ズバッとやっといて』なんていう指示でわかるわけないだろ! 最低仕事の目的や方向性、出来ればアドバイスくらい貰えたらいいんだけどなぁ」



みなさんも一度くらいこんなことを思ったことはあるんじゃないでしょうか?

私は結構思っていましたよ(笑)



で、これは「上司は大抵『自分が指示を出されたいように』部下に指示を出している」ことから起きているわけです。


では


「上司が『部下が指示を出されたいように』部下に指示を出す」

                =(イコール)

「マネジメント対象が、マネジメントされたいように、マネジメントする」



には、どうすればいいのか?


先ほどの「教え」を思い出してください。概ね次のようなステップで認識や行動を改革しましょう。


1.まず、「自分がして欲しいように相手と接する」という意識を完全に捨てる。

2.周囲に居る人、特に自分の部下や上司、仕事上の接点を持っている社内部門の人や顧客を良く観察する。相手はどのように接して欲しいタイプなのか?
  …例えば指示は細かいほうがいいのか? 粗い方がいいのか?
  …結論だけ伝えれば良いタイプか? 前提や理由もきっちり説明すべきか?
  …濃いコミュニケーションを望むタイプか? サラっとしたコミュニケーションが好きか?
  等々。

3.その観察結果に従って、相手毎に対する接し方を変える。つまり、「相手がして欲しいように相手と接する」という意識で行動する。
  …多少間違っていてもかまいません。相手と接するときに相手を良く見ましょう。違ったな、と思えば修正していけば良いんです。



これが自然とできるようになると、(これまでそれができていなかった)上司と部下との関係は劇的に改善されます。

もし出来ていなかったなぁ、と思う方が居たらぜひ試してみてください。


ちなみに、上司⇒部下だけでなく、逆の関係にも応用可能ですよ。




さて、みなさんはこれまで周囲に対してどのように接してきましたか? また、周囲からどのように接せられていましたか?? 

そして、その時どう思われましたか?

後学のために教えて貰えれば、とても嬉しいです^^




>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
本日の記事は如何でしたか? よろしければコメントを頂ければ幸いです。

また、価値を感じてくれたら応援してくださいねm(__)m
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

2007年01月29日

いつもは森を見て、ポイントでは木を見る。

こんにちは、優也です^^


只今最終報告2日前。またまた深夜まで残業中です(汗) 集計していたデータを最終報告書に仕上げている最中なのですが、色々細々した問題が発生しています(^^;;

今回のプロジェクト、現場責任者は私なんですが実行上の現場責任者は部下のリーダークラスにやらせていました(彼の成長のためです)。もちろん私も大きな所は見ていたんですけどね。

ところが、そのさらに下のメンバーが持っていたパートの内、途中集計では見えなかった細かい前提部分に問題が潜んでいたわけです。

今から前提部分を直して集計し直すのは到底不可能なので(というか、そのままでも明後日までに終わるかどうか微妙なラインです(^^;; 今日、明日は徹夜かも…(TT))、なんとかそのままでも我々が言いたいことがきちんとクライアントに伝わり、彼らの変革が進むようロジックを組み直したりしていました。




ここで一つ問題提起です。

マクロマネジメントとマイクロマネジメント。

果たして、どちらが正しいんでしょう?



今回は概ねマクロマネジメント的にプロジェクトは進んで来ました。私も含め、部下達は自らの下のメンバーがやっていることの大きい部分は捉えていましたが、細かい部分については部下にほぼ一任していたわけです。

ところがこのギリギリの時期になって問題発生。


では、部下がやっていることの一挙手一投足を全てチェックするマイクロマネジメントの方が正しかったのか?

確かにそれだったらこうした問題も起こらなかったでしょう。


でも、マイクロマネジメントはそれはそれで問題が多いわけです。マネジャー/リーダークラスの負荷は高くなるし、部下のモチベーションは低下、成長機会も阻害されてしまいます(これらの問題はマクロマネジメントでは起こりません)。

これはコンサルティングプロジェクトだけではなく、システム開発や社内の制度改革等の一般的なプロジェクトでも言えることで、個人のスタイルの問題と相まってなかなか解の出ない難しい問題だと思います。


が、答えはあります。



それでは、続きはまた来週に。(こらこら)



…というのはもちろん冗談で、ポイントは「バランス」です。つまり、マクロマネジメントを主体にしつつも、部分部分でマイクロマネジメントすればいいわけです。


例えばお客様への報告毎。

例えば分析の起点となる前提を作るとき(今回はこれで失敗しました)。

例えばお客様が重要視するチャートを作るとき。


単純に言うと、プライオリティが高い作業を部下が行っているときには、それとなく細かい所までチェックを入れ、そうでないときには基本的に部下に任せる、ということです。

特に、例え中間だとしてもお客様にアウトプットするときにはきちんとチェックしたいですね。


…まぁ、とはいえどんなにがんばったとしても業務する時間は有限ですから、今回の様な問題が発生してしまうことを完全に避けるのは難しいんですけどね(^^;; 私の部下のリーダーも分かってなかったわけじゃなく、他の事に忙殺されていたのでわかっていてもできなかった、というのが正直な所でしょう。

あとは、プライオリティ付けとそれに絡んだリスク管理能力を上げるしかないでしょうね。


さて、みなさんは普段マクロマネジメント/マイクロマネジメント、もしくはそのハイブリッド等、どんなスタイルでマネジメントされてますか? また、貴方の上司は貴方をどうマネジメントしていますか??



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
本日の記事は如何でした? よろしければコメントを頂ければ幸いです。

また、価値を感じてくれたら応援してくださいねm(__)m
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。